ネコマンガ  『肉球はお日さまのニオイ』

三毛猫ビエンとぐうたら人間との日常を漫画でつづっただらだらブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫の保護シェルターに到着。

007
008


今日は文章をマンガの後にしてみた。

私が行ったのは、猫の保護施設としてはたぶん最大級。
ライフボートというところ。

NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

活動の歴史も長く、
ウェブページでの説明も丁寧で好感が持てたので選んだ。

殺伐とした無機質なところを想像してたけど、
実際は手作り感あふれるアットホームな施設だった。

私が行った日は土曜日だったので、
面会希望者が多く、
ものすごく急がしそうなのに
スタッフの方は明るく親切だ。


唯一、気になっていたのがこの施設では
すべての猫に生後数週間~4ヶ月くらいまでに、
早期不妊手術をしてから、
譲渡しているということ。

避妊・去勢手術は
生後半年程度ですることが一般的だ。

ライフボートの説明である、

不妊手術をすることを約束して譲渡しても、
実際には手術をしない飼い主が絶えないから、
という理屈は理解できる。

子猫のほうが傷が小さく回復も早い、
というのも納得できる。

海外やライフボートでは、
症例も多くて安全性も高い、
というのもわかる。


ただ、性的な器官は繁殖のためだけでなく、
心と体の成長に必要なホルモンとかも
出しているんじゃないだろうか。
(医学的な知識はないので想像ですが)

いままで早期不妊手術をした猫たちが、
健康に育っているとはいえ、
何をもって健康というんだろう。
病気をしていないことが健康なのか、
野生の、自然のままの
心身の状態を保っていることが健康なのか…。

この点についてはとても悩んだ。

(じゃあ、他の施設とか個人からもらえば…、
 と思うかもしれないけど、
 ライフボートほどシステムがきちんとしている
 団体はあまりない。
 私の知る限り。
 個人はいい人かどうかの見極めが難しい。)


ただ、結論を言えば、
ライフボートから猫を譲ってもらってよかったと思っている。

何よりこの子に出会えた。
元気に育っている。

何が正解なのかはわからない。
けれど、
不幸な猫を数多く助けたい、
不幸な猫をこれ以上生み出したくない、と考え、
施設として運営していくとき、
ライフボートのとっている方針はひとつの答えだと思う。

猫と人間という違う種の生き物が
いっしょに心地よく暮らしていくには、
どこかで妥協しなければならない部分は必ず出てくる。

私にできることは、
この子が幸せに暮らせるようにすることだけ。
この子のおかげで、それ以上に私が幸せだけど。



ゆるーいブログにしたかったのに、
硬い文章になっちまったよ。
もともと理系だからだろうか…。

たぶんブログの文章は、
「しゃべるように書く」のが特徴と思われるが、
まだ体得できてない。
精進あるのみだ。




スポンサーサイト
  1. 2008/10/31(金) 00:50:33|
  2. マンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ猫の里親に!

特に猫に興味のない人は、
そんなに悩むなら飼わなきゃいいのにって思うんだろうなぁ。
でも子供の頃から身近に動物がいたので、
何かいるほうが自然なんです!

005
006

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2008/10/30(木) 12:05:27|
  2. マンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペット可物件への引越し

猫を飼うことにあこがれつつも自ら行動を起こせずにいた私に、
驚きのチャンスがめぐってきた。

003
ブログ004

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

  1. 2008/10/29(水) 12:14:03|
  2. マンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猫を飼うまで

猫が大好きだけど、飼えない。
二十代後半まで、私と猫との関係はこんなもんだった。

001
002

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

  1. 2008/10/28(火) 14:12:34|
  2. マンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめに

はじめまして。
南沢かめです。

現在、私と彼と猫、2人と1匹で暮らしております。
この楽しき日々を記録するとともに、
あまりにだらだらな日常にカツを入れるために、
ブログをはじめました。

普通に書いても面白くないので、
マンガ形式にしています。

飽きっぽいのでいつまで続くか疑問ですが。

こまかい設定などはめっぽう苦手で、
ブログを開設するだけでかなりのパワーをつかってしまった。
先がおもいやられます。はぁ。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2008/10/28(火) 13:45:16|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。